三味線FAQ

三味線雑学

三味線とは?+三味線の歴史
三味線は日本独特の楽器であるにも関わらず一般にあまり知られていない楽器です。このサイトでは三味線に関する知識を記載したいと思います

《三味線の構造》金ホゾ、綾杉
大別すると棹と胴に分類できます。棹の先端部分を天神と言い糸巻きという部品が3本付いていて絃を巻きつけます

三味線音楽
三味線音楽には古くからある古典曲というものがあります。歌舞伎などで良く耳にするのは浄瑠璃系の長唄、義太夫、常磐津、清元、新内等

三味線とメディアと教育
最近文部科学省の通達で小、中学校で和楽器の教育が始まりましたが、どうでしょうか?

三味線若手演奏家の台頭と三味線音楽の将来
古典音楽は現状維持で新しい三味線音楽が台頭して来るような気がする。
(私の希望でもあるが・・・)

津軽三味線界と三味線業界
今一番人気のある三味線ジャンルはやはり津軽三味線でしょう。三味線の中では比較的新しく百数十年の歴史が有る

津軽三味線

津軽三味線の奏法
一般的な三味線の奏法は胴の棹の近くの絃を撥で弾きますが、津軽三味線の場合はおもに胴の中ほどを胴に張ってある皮を叩く様に演奏します

津軽三味線の細かい演奏法
細かく奏法テクニックを説明しましたが、あくまで胴の中央を力強く撥で叩くことが基本です

津軽三味線三味線の三大演奏テクニック
これらの三要素を駆使してダイナミックにリズムカルに時には澄んだ音色で曲を構成していきます

曲弾きと唄付け
津軽三味線は元来津軽民謡の伴奏楽器です。唄に付けると言う事から伴奏の事を唄付けと言います

現代の津軽三味線
前にも述べた様にテレビメディアなどで耳のするのは津軽三味線音楽であって、唄付けを耳にする事は少なくなりました

津軽三味線を習ってみたい方へ
プロを目指すかたは別として、趣味で習ってみたい方へのアドバイス。カルチャーセンターで指導している所はほとんどがグループレッスンです

三味線の保管方法
三味線を大事にすると言う事は弾かないで保管しておくと言う事ではないのです

 

スポンサードリンク

三味線の付属品について

撥の持ち方と撥について
三味線を演奏する場合必ず撥を用いて弦を弾きます。(小唄と言うジャンルに関しては撥を用いず爪弾きと言う奏法で演奏します。)

糸巻き、絃(糸)、駒、音緒、胴掛けについて
糸巻きとは棹の先端部分(天神と呼ぶ)に3本付いている棒状のもので絃を巻いて調子を整える時に使います

指掛、和紙袋、調子笛、長袋、胴袋について
棹を支える左手の親指と人差し指もまたの部分に付けます。
左手な棹を移動する時にスムーズに滑るようにします

艶布巾、忍駒、天神キャップ、天神袋、長ケース、三つ折ケース、三味線スタンドについて
三味線の棹の湿気を拭き取る布です。色々な色が有ります。
三味線を弾いた後は必ず艶布巾で棹の湿気を拭き取ります